独立後の必要な経費

単価の高い仕事をすることは、フリーランスにとって魅力的であり、必要なことです。ではどのようにすれば単価の高い仕事を得ることが出来るのでしょうか。それには営業の力がなくてはいけません。営業力が高いと収益も上がるのです。

ですが営業には時間が必要になります。それも自分の都合にあわせて営業のために時間を作るのではなく、相手にあわせて時間のやりくりをしなくてはいけないのでフリーランスには難しい問題になってきます。
フリーランスの場合、本来の仕事が最優先です。それは動かすことが出来ません。仕事をしなくては収入になりませんし、収入がなければ生活が出来ないのですから仕事が最優先なのは理解できると思います。

ですが営業をしなくては仕事もありません。仕事はじっと待っていて、向こうからやってくるものではないのです。
行動をしなくては仕事はない、ということになります。
ですが実際に営業をするとなると時間もかかりますし、営業には移動がつきものなので費用もかかってきます。
仕事をしながら時間とお金をかけて営業をするというのは、とても大変なことです。

そこでエージェントを利用するという方法があります。
エージェントは多種多様なエンジニアなどと契約をし、営業を代わりに行ってくれます。
そして得た仕事を各エンジニアに与えることで収益を上げるのです。
エージェントによっては登録制になっていて、登録料がかかる場合もありますが、自身が仕事の手を止めて慣れない営業をすることを考えると時間もかからず、良い仕事を得ることが出来るのであれば経費として考えるのも良いのではないでしょうか。

エージェントはたくさんありますので、事前に評価などを調べておくこと、また少しでも疑問に思うことは契約を交わす前に確認しておくことも忘れてはいけません。エージェント活用法はこちらの【フリーランスのためのエージェントガイド】というサイトを参考にすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です